読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリズムコンボ

音楽が好き、ガジェットが好き。ほかにもいろいろ。

BOOTCAMPで入れたWinを快適にする

上司のMac(El Capitan)にBOOTCAMPでWin10を入れました。
その際、操作を快適にするために行ったいろいろを書いておきます。備忘録がてら。


1.IMEGoogle日本語入力にする
https://www.google.co.jp/ime/
Google日本語入力はとてもかしこくてよいです。
あと、Macのキーボードの「英数」「かな」キーでの入力切替ができるよう設定できるのがとても魅力。
やりかたは以下の通り。

Google日本語入力のプロパティを開く

「一般」タブの「キー設定」にて、キー設定の選択を「カスタム」に変更、「編集」をクリック

出てきたウィンドウの「編集」を押し、「定義済みのキーマップからインポート」→「ことえり」を選択

キーマップで「Hankaku/Zenkaku」になっている箇所を必要に応じて修正
それぞれ「英数」「かな」キーに対応させたい箇所でそのキーを押せばいいです
「英数」キーを押すと「Muhenkan」、「かな」キーを押すと「Hiragana」と表示されますがそれでOKです

「OK」をクリック、でGoogle日本語入力の設定は完了!


2.Keyswapを使ってキーの機能を入れ替え
Mac使いだったら「Command」押したらWinの「Ctrl」キーと同じような挙動をしてほしいものなのですが、
BOOTCAMPのWinだと「Command」押すとスタートメニューが開きやがります。困る。
そんな時に役に立つのが「Keyswap」というアプリ。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se228667.html
対応OSにWin10がありませんが、問題なく動きました。
これを使うと、それぞれのキーに割り当てられた機能を入れ替えることができます。
まず、「キー名」にカーソルを合わせ、「Command」キーを押します。(この際画面上には「左Win」と表示されますがそれでOKです)
そして、「変換キー名」にカーソルを合わせ、アプリの右側にあるキーボードから「Ctrl」を選んでクリック。
「終了」を押しPCを再起動すると、「Command」キーがCtrlキーとして動くようになります!超クール!
他のキーも自由に割り当てられるので、わたしは、「CapsLock」を「Del」に割り当てています。
これで「Del」「Alt」「Ctrl」が横並びになるので、タスクマネージャの起動もらくちん。


3.レジストリを弄ってトラックパッドの二本指スクロールが逆になるようにする
わたしの環境では、MacとWinでスクロールの向きが逆になるのでこまっておりました。
なのでレジストリを弄りました。
弄り方はこちらを参考にしました~
http://blog.dreamhive.co.jp/yama/13622.html


そんな感じで快適になりました。やったね!