プリズムコンボ

音楽が好き、ガジェットが好き。ほかにもいろいろ。

High Sierra環境下でBootCamp使うのにすごく悪戦苦闘した話

知人のMacbook Air(High Sierra搭載)にBootCampでWindows10を入れなきゃならない案件があったんですけど、、いろいろと苦労したので書いていきます。。

 

1.まずパーティションが切れない

f:id:apple-prison:20180504160354p:plain
空き容量は十分にあるのに、「起動ディスクにはパーティションを作成するための十分な領域がありません」というエラーでパーティションが切れず。。
解決のために次のことを試しました。

  • FileVault(暗号化機能)を切る

    macOSに搭載されているファイルの暗号化機能「FileVault」はBootCampと相性が悪く、これがオンになっているとパーティションが切れないことが多いとかなんとか。
     ということで、ひとまずこれを切りました。「システム環境設定」内の「セキュリティとプライバシー」を開き、「FileVault」タブをクリックして「FileVaultをオフにする」をぽちっとするとFileVaultを切ることができます。使用状況にもよるそうですが、処理完了までには結構時間がかかります。うちではざっと一晩かかりました。。
    むちゃくちゃ時間がかかったのに、今回はこれでパーティションが切れるようにはなりませんでした。無念。


    起動時に「Command」+「R」を長押しすると、リカバリーモードが立ち上がります。その状態で、「FirstAid」を試しました。 これは、もしディスク自体にエラーがあったとしたら修復することでBootCampが使えるようになるのでは?と考えたためです。しかしこちらも効果はありませんでした。無念。
 

  • ローカルスナップショットを削除する

    Time Machine は、バックアップディスクが常に使えるとは限らないため、バックアップの一部を内蔵の起動ドライブやその他のローカルドライブにも保管しています。こうしたバックアップを「ローカルスナップショット」と呼んでいます。

    …とApple公式サイトにも記載があるように、Macにはローカルスナップショットと呼ばれるバックアップが記録されています。
    これが残っているとパーティション分けに失敗することがある…という話を読んだので、こちらを削除しました。
    f:id:apple-prison:20180504171704p:plain
    ターミナルを開いて、「sudo tmutil listlocalsnapshots」と入力、Enterキーを押します。
    すると、現在残っているローカルスナップショットの一覧が表示されます。こちらの画像の場合は、「2018-05-03-232134」という1件のスナップショットが残っていることになりますね。
    これを確認したら、「sudo tmutil deletelocalsnapshots 削除したいスナップショット名」を入力します。今回は「sudo tmutil deletelocalsnapshots 2018-05-03-232134」と入れました。
    パスワードの入力が求められるので入れると削除完了。削除したいローカルスナップショットが複数ある場合は、これを何度か繰り返すとよいでしょう。
    これでやっとパーティションが切れるようになりました……。


ということでWindowsのインストール開始。ここから先はスムーズにインストールが進んでいきました。やったぜ!こっからは楽勝だぜ!
とか思っていたけどそうは問屋が下ろさなかった。

2.Windows側のタスクバーの「Boot Camp」→「OS Xで再起動」でMacに戻ることができない

無事にWindowsも立ち上がったので、ひとまずWinとMacの切り替えが問題なくできるか試してみよう!と思いまして。
以前と同じようにタスクバーに表示されている四角いBootCampアイコンを右クリックし、「OS Xで再起動」をクリックしたところ。
f:id:apple-prison:20180504173935p:plain
アッー
正直壊れたかと思いましたがそういうわけではなかったようで。調べてみると、

macOS High SierraBoot Camp を使っている場合、「option」キーを押しながら Mac を再起動して、オペレーティングシステムを選択できます。

Apple公式サイトさんがおっしゃっておられました。つまり、OSを切り替える際には、「option」キーを押しながら起動するとよいということです。そうすると、どのOSを使って起動するかを選択する画面が現れます。
ちょっと手間ですが、これで問題なくOSの切り替えを行うことができるようになりました。

3.「英数」「かな」キーが認識されない

どうも、Winでは「英数」「かな」キーが反応しません。別のキーとして認識されているわけではなく、完全に無いものとして扱われている様子。これを認識してもらうには…ひとまず、Macに切り替え、「BootCampアシスタント」を立ち上げます。
そうしたら、上部の「アクション」をクリックし、「Windowsサポートソフトウェアをダウンロード」をぽちっとします。
サポートソフトウェアをどこにダウンロードするかを選択できるので、あらかじめUSBメモリなどを用意しておき、そこにダウンロードするとよいでしょう。
ダウンロードが終わったら、再度Winに切り替えを行います。
Winが立ち上がったらUSBメモリ内の「WindowsSupport」フォルダを開き、さらにその中の「BootCamp」フォルダを開きます。
そして、中の「Setup」をダブルクリック。あとは画面に従ってインストールを行います。で、再起動。


今回はこれで「英数」「かな」キーが共に使えるようになったのですが、そうもいかない事例もあるようです。「Setup」からのインストールを行っても「英数」「かな」が反応しなかった場合には、こちらのページを参考にするとよいようです。
有用なところを引用させていただきます。。

1:(BootcampインストールUSB):\BootCamp\Drivers\Apple\AppleKeyboardInstaller64.exe
  を展開する(おそらくRAR形式かと思います.私はlhazを使用しました)


2:デバイスマネージャー⇒ヒューマンインタフェイスデバイスApple SPI Keyboard
  ⇒プロパティ⇒ドライバの更新⇒コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します(R)
  ⇒コンピュータ上のデバイスドライバーの一覧から選択します(L)
  ⇒ディスク使用(H)⇒1で展開したフォルダを選択し,インストール,警告がでるがそのままインストール


3:再起動後,デバイスマネージャー,Apple SPI Keyboardに!マークがついているので,デバイスを削除する
  ⇒デバイスマネージャー上部の「ハードウェア変更のスキャン」を実行


4:再び,Apple SPI Keyboardが現れ,この時点で「英数」「かな」キーが使用できるようになる

…ということのようです。


というわけで、これでなんとか普通にWinが使えるようになりました。
あとはこんな感じで快適にしていきたいと思います〜
appredmi.hateblo.jp
というわけでした。なんとかなってよかった!

Twitterの「いいねしました」をなるべく見えないようにしたいんだけど

いやほんと勘弁してくれって思うアレ

拡散したいものについてはRTするんで、「いいね」まで拡散すんのやめてくんない???ってなりますよね。。

また、「わたしはAさんのツイートが見たいのであってAさんのいいねが見たいわけじゃねえのよ!!111」ってこともよく起こります。

 

いいねのように拡散されないという「ブックマーク機能」も実装されましたが、これスマホ向け公式アプリでしか使えないそうで/(^o^)\ わたしみたいにスマホ上では非公式アプリ、パソコンではTwitter Webを使うことが多い人間はそもそも利用できないんですな。。

それに、ブックマークしても相手に通知がいかないというのはちょっとなあと思います。好みのイラストをいくらブックマークしても作者さんのモチベにならないというのは悲しいではないですか。せめてブックマーク数くらいは通知行ってくれ。。

 

「フォロワーの『いいね』をTLに流さないためには『いいねしました』をワードミュートにすれば良い」という噂もまことしやかに流れましたが、少なくともわたしの環境では効果なし。

また、「『suggest_activity_tweet』をワードミュートすれば良い」という噂もありますが、こちらもわたしの環境では効果がありませんでした。

 

ということで調べていたら、一定期間「いいねしました」が表示されにくくなる方法は発見しました。一定期間経つと復活するそうですが。。

なお、スクショは全てWeb版のものです。お名前やID、アイコン、およびツイート内容は消してあります。。

 

「〜さんがいいねしました」として流れてきたツイートの右上のアルファベットのVみたいなマークをクリックすると、以下のようなメニューが表示されます。

f:id:apple-prison:20180320131225p:plain

「興味なし」をクリックすると、以下のような表示が出ます。この時点で、TLに一定期間「いいね」が表示されにくくなります。

f:id:apple-prison:20180320130632p:plain

さらに特定のフォロワーさんのいいね表示を抑制したい場合は、どちらかあてはまる方をクリックするとよいでしょう。。

 

ということです。一定期間経つと「いいねしました」が復活しやがるらしいというのはかなり不快ですが、しばらくは快適に過ごせるかしら。。

しかし自分のいいねが他人のTLに放流される現状はかわらないんだな。。やだな。。なんとかならんものか。。

労力かけずに仮想通貨がほしい

マジで最近仮想通貨とか金とかのことばっかり書いてるな。こんなはずでは………

どうもわたしです。

 

さて。労力かけずにお金ほしいね。働きたくないでござる。

と思ってたら定期的にちょこっとずつ貰える仮想通貨を見つけたのでメモ。ベーシックインカム的な感じですね。

 

1.SwiftDemand

www.swiftdemand.com

登録すると、毎日ログインしてボタンをクリックすることで100swiftsずつ貰えます。

SwiftDemand内にストアがあって、サービスやグッズなどを購入することができます。また、自分のサービスを売ることもできますよ。ストアはこんな感じ。

f:id:apple-prison:20180320114910p:plain

また、浅草にあるSPLENDOR COFFEEさんは、SwiftDemandを用いた決済に対応しています。レートは1swifts=¥1。

コーヒー1杯500円〜で、別途手数料(決済金額の3%+2swifts)がかかるとのことです。つまり、6日間ほどSwiftDemandにログインすれば、浅草で美味しいコーヒーがいただけるということになりますね…!

twitter.com

SPLENDOR COFFEEさんでのSwiftDemandを用いた決済は3/5から始まったようですが、お店のTwitterによれば既に結構利用された方がおられるみたいですねえ。

あと、国内ではないのですが、、タイの日本式バー「ウッドボール」では、500swiftsでビールが1杯飲めるそうです。

www.woodball.jp

まだ未上場の通貨ながら、いろいろと使える場所が広がってきているSwiftDemand。上場に向けての活動も行われているということで、今後も要注目ですね〜。

 

 

2.Mannabase

www.mannabase.com

こっちは、登録すると毎週木曜日にmannaが貰えるというもの。既にSouthXchangeという取引所に上場済みとのことなので、BTCやその他の通貨とも交換可能です。アツい。

3/20現在のレートは、1manna=0.0189USDとのこと。今現在、ざっくり 1manna=2円程度ってとこでしょうか。

まだサービス開始から日が浅いそうなので、今後の展開に期待ですねえ。

 

といった感じ。こういうのがどんどん発展して、働かずに済むようになればいいなって思います!!!(怠惰

金をかけずに楽天ポイントを貯めたい

なんか仮想通貨の暴落っぷりがすごいですね。掘り始めたらコレダヨ!

まあでも現金の損はしてないのでぜんぜんおっけーです。上がったらわーい!うーれしー!な的な感じで、これからも地道に掘っていこうなーと思っています。地道すぎてまだ20ZNY+13BCNくらいしか貯まってないんですけど。。w

むしろ今仮想通貨買ったらのちのち得すんじゃね?とも思ったけど、現金使いたくないのでやめときます。auのウォレットポイント貯まったらそれで買う。

 

さてさて。最近、「楽天証券であれば楽天ポイントで投資ができる」という話を耳にしましてね。楽天証券これね。

www.rakuten-sec.co.jp

知ったのがだいぶサービス開始より遅かったのはともかくw、それって実質楽天ポイントの現金化じゃん?って思ったわけですよね。

そうとなったらなるべく金をかけずに楽して楽天ポイントを貯めて、お小遣いにしたくなっちゃうじゃないですかー。

楽天だとキャンペーンなんかで期間限定ポイントはよく貯まるんですけど、楽天証券では期間限定ポイントは利用できません。なので、どうせ貯めるなら通常ポイントを貯めたいですよね。

 

ということで、備忘録も兼ねて、金をかけずに楽天の通常ポイントを貯められる方法をまとめてみます。

金をかけないのがコンセプトなので、「楽天でおかいものする」「ミスドやツルハでRポイントカードを出す」みたいなのは基本的に載せない方向でいきます。

なんかまとめブログみたいになってきたけどこのテンションは次の記事には維持されてないと思うので安心してください。。そもそも継続してこんなブログ読んでるひともあんまいないと思うけど。。。

 

 

1.「楽天ウェブ検索」を使う

まず楽天ポイント貯めたけりゃ絶対これはやったほうがいいやつ。これを通して検索すると、検索回数に応じて抽選が行われ、楽天ポイントが貯まっていくよという仕組み。

普段の検索にちょこちょこと使っていると一日に1〜5pt程度は貯まるので、使わない手はないでしょう。(一日30回コンスタントに全力で検索すればもっと貯まるのかもしれません)

これで貯めたポイントは楽天PointClubのランクアップにはつながらないようですが、期間限定ポイントではないので、投資にも使えます。アリガタイネ。

 

PC版の楽天ウェブ検索は、ブラウザに入れるツールバー的なものです。ここから入れられます。これは使いやすくていいんじゃないかなーって思います。

 

Android版の楽天ウェブ検索はこれ。

play.google.com

Chromiumベースのブラウザでした。なので、Google Chromeと使い勝手がほぼ変わらないのがありがてえポイント。「楽天ブラウザ」とかに名前変えたらもっと普及すんじゃね?って感じもします。

ただ、検索結果が見づらいのがチョットナーという感じはあります。あとは、検索エンジンがなぜかJWordなのがウーン。。いや、昔のJWordみたいに勝手に変なツールがインストールされたりするわけではないので、まあ、とりあえず使ってるわけなんですけど。。

 

iOS版はこれ。

楽天ウェブ検索

楽天ウェブ検索

  • Rakuten, Inc.
  • ライフスタイル
  • 無料

こっちもChromiumベースだとうれしかったんですけど、ちがった。。独自UIのブラウザですな。こっちもJWord経由で検索が行われているようす。。

検索結果はAndroid版より見やすいです。ただアプリとしての使い勝手は正直ちょっと悪くね?と思います。いろんな機能を詰め込みすぎている感じ。もっと単純明快にしてくれたほうが使いやすいのになって思います。ていうかChromiumベースにしてくれ。。

 

 

2.「楽天アフィリエイト」で貯める

商品を紹介して、そこからなんか購入してもらえればポイントが貯まるというやつですな。こっちは成果が出れば楽天PointClubのランクアップ対象ポイントにもなります。

affiliate.rakuten.co.jp

ブログに載せるのももちろんOKだし、たとえばおすすめ商品を友達に紹介したいときにメールでアフィのアドレスを送るといった使い方もできるみたいですよ。

わたしが紹介した商品を一度クリックしてくれたひとが、わたしが紹介した商品とは別の商品を購入したとしても、成果の対象となるのはうれしいとこですね。

しかしこれ相当頑張んないと儲かんないと思います。なぜならブログに載せる画像代わりにたまにアフィ使ってるわたしにはほとんど収入入ってないから!w

年に200〜300円分くらいしか入ってないっすね。つらい。

こういう趣味ブログじゃなくって、ガッツリ商品を紹介してるブログとかだったらもっと儲かるのかもしんないですけどねー。なんかそういうブログにはしたくないんだよネー好きなこと書けなくなっちゃいそうだからネー

…話がずれましたが、とかく上手に使えばポイントも貯まるんだと思います。多分。

 

 

3.「楽天チェック」でチェックインする

指定の場所でチェックインすると楽天ポイントが貯まるやつ。

Android版はこれー

play.google.com

iOS版はこれー

楽天チェック

楽天チェック

  • Spotlight Inc.
  • ショッピング
  • 無料

チェックインだけで10ptとか貰えたりするので嬉しいですね。ただ、わたしの住んでるとこみたいな田舎ちほーだと、そもそもチェックインする場所が少なすぎて困ります。w

このアプリで貰えるポイントには、チェックインで貰える「チェックポイント」と、指定のミッションクリアで貰える「ミッションポイント」があります。チェックポイントの方は通常ポイント扱いですが、ミッションポイントは期間限定ポイントとなるので要注意です。ランクアップ対象にはなりません。

ちなみにもしこのブログから新規に楽天チェックをインストールしてくださるすげえ方がいらしたならば、その際に招待コード「YZZK5567」を入れてもらえるとうれしいです。そうするとわたしに30ポイント入ります。w 

 

一切お金をかけることなく楽天の通常ポイントが貰える手段は、わたしが把握してる限りではこんなとこかなーと思います。ほかになんかあったら誰か教えてください。w

金をかけずに仮想通貨を掘りたい(ジャンクPC編)

appredmi.hateblo.jp

appredmi.hateblo.jp

これらのつづきです。

 

なんかねえ、うちにジャンクな感じのPCが転がってたんですよ。NEC Lavie LL370/Eというやつです。2005年発売とのこと。

スペックはこんなん。

OS: Windows XP Home Edition

RAM: 256MB

CPU: AMD Sempron 3000+ 1.8GHz

かつてメインPCとして使ってた頃、何をやるにも重くて大変だった覚えがございます。

さてこんなジャンクなPCでも果たしてちゃんとマイニングできるのでしょうか?

 

マイニングだのなんだのの前に、 まずはOSを入れ替えねばなりません。WinXPとか今ネットに繋いだりしたら怒られちゃいますからね。軽いLinuxでも入れて使いましょう。

今回はlinuxBeanという国産OSを選びました。

ja.osdn.net

インスコの手順などは割愛します。isoが配布されてるのでCDに焼くなりUSBメモリにインストールなりなんなりして、あとはだいたい画面の指示に従えばできます。

余談ですがCD経由でのインスコは死ぬほど時間かかりました。。

 

で、マイニングします。今回もBitZenyを掘るので、プールのこととかは前回記事をご参照くださいまし。

マイニングはこちらのブログの解説に従ったらできました。わーい!

bombox.net

ただね、できたはできたんですけど、

f:id:apple-prison:20180104174737j:plain

すごいしょぼい。

Macでマイニングしてると1.3khash/sとか出てるんですけど、こっちは0.12khash/sとか。。まあ低スペだから当然なのですけどね。

もちろん掘れる量も少ないですし、ぶっちゃけこっちは電気代考慮すれば赤字だと思われるのですが、まあ楽しいので、しばらくこのまま放っといてみようと思います。

金をかけずに仮想通貨を掘りたい(Macbook Pro編)

appredmi.hateblo.jp

これのつづきー。

 

普段使っているMacbook Pro。これでも仕事とかネットサーフィンとかしつつマイニングできたらいいんじゃね?と思いました。DTMとかデザインみたいな高負荷がかかる作業をしている時にはさすがにむずかしいでしょうが。。

うちのMacのスペックはこんなかんじ。

MacBook Pro (Retina 13-inch、Early 2015)

CPU: 2.7 GHz Intel Core i5

RAM: 8 GB 1867 MHz DDR3

内蔵SSD: 120GB

GPUIntel Iris Graphics 6100 1536 MB

掘るぞー。ミスミスミスタードリドリラー!

 

今回掘る仮想通貨は、BitZenyというやつにしました。友人に勧められたものなのですが、 たいそうなGPU積んでなくてもCPUでマイニングできるのが特徴らしい。。

マイニングプールは、「銭プール」というところにしました。

zny.coiner.site

BitZenyのプールは複数あり、あまりひとつのプールに人が集中しないように分散させようという方針になっているようです。

プール一覧はBitZeny公式サイトを参照するとよいと思います。

bitzeny.org

あと、BitZenyを貯めておくウォレットに登録しておくとよいようです。わたしはとりあえずここに登録しました。

bitzeny.jp

 

BitZenyマイニング用のツールは、公式ではWindows用のものしか配布されていません。

Macでマイニングを行う際には、こちらを参照するとよいかと思います。すっごーい!かんたーん!

satoshisgarage.tech

で、こんなかんじでマイニングがはじまります。「yay!!!」が出ればちゃんと掘れてる証です。

f:id:apple-prison:20180104133820p:plain

yay!!!

 

こっちはそれなりに掘れてます。昨日は放っといたら途中でMacがスリープしてしまったりしましたが(省電力設定にしてたせいです)、それでも1ZNY強ほど掘れました。1ZNYが22円くらいなので、まあ電気代考えてもやや黒字ってとこでしょうか?相場チャート見ると、BitZenyは最近下落傾向のようなのでちょっぴり心配ではありますが。。

動かしてみた感じ、マイニングしつつワープロソフト使ったりブログ書いたりしてるといった程度では特に極端に動作が遅くなったようには感じないです。ライティングのお仕事やりつつ小金を稼ぐにはちょうどいい感じかな。

金をかけずに仮想通貨を掘りたい(Androidスマホ編)

ふと思い立ったのです。

「以前使ってたスマホとかジャンクPCとか持て余してるけど、それ使って仮想通貨でもマイニングすればもしかしたらはした金くらいにはなるのでは?」と。

xtheta.co

こちらのウェブサイトによれば、マイニングとは、こういうものです。

ビットコインやその他暗号通貨の発行や取引には国や銀行のような中央機関が存在せず、 取引は全てピアツーピア(P2P)ネットワーク上で行われています。 二重払いや不正を防ぐため、過去の取引履歴のデータの整合性を取りながら 取引の承認・確認作業を行うことをマイニングと言います。マイニングが行わなければビットコインを送ることができず、ビットコインの仕組みを維持するためには必要不可欠な作業です。また、マイニングを行う人のことをマイナーと呼びます。 

 

思い立ったらすぐやらねばというわけで、早速以前使っていた「Lenovo A806」を引っ張り出してきました。スペックはこんなん。

OS: Android4.4.2(Clean OS)

RAM: 2GB

ROM: 16GB

CPU:MTK6592 octa core, 1.7GHz  

無駄にオクタコアなので頑張ってくれるといいなあ。

ちなみに現在SIMは入れていません。マイニングは自宅のWi-Fiに繋いで行います。

 

まずはマイニングプール(ユーザーが協力しあってマイニングを行うサービス)に登録します。今回は「MinerGate」というところにします。パソコンで登録するとよいと思います。

minergate.com

英語ですけど気合で登録しましょう。

次はスマホの方にMinerGateのアプリを入れます。

play.google.com

インストールして開くと「START MINING」と「LOG IN」のボタンが出てきます。「LOG IN」をタップし、先程登録したMinerGateのIDとパスワードでログインしましょう。

すると、マイニングしたいコインを選ぶ画面が出ます。ここでは初期設定どおり、「Monero」という通貨をマイニングしてみたいと思います。再生ボタンぽいのを押すとマイニングがはじまります。

 

あとはひたすら放置ー!

バッテリーはかなり食うみたいなので、もうACアダプタに繋ぎっぱなしにします。

 

で、24時間ちょいが経ちました。

パソコンからさきほどの「MinerGate」にアクセスし、「Dashboard」を見てみると、

f:id:apple-prison:20180104015248p:plain

どうやら0.00006968363XMRのMoneroが掘れてたらしいです。現在の相場(1XMR=44,134.08)で、だいたい3円ちょい掘れた感じ。電気代考えると、うーん。。

3円かあー。キビシーなあー。って感じですね。まあいずれ相場がもうちょい上がることを期待しつつ、もうしばらく掘っていきたいと思います。